☆アトリエ アート ルゴッサ 多加久による爬虫類標本画の制作 活動 出来事の記録とレプタイル アート標本ショップギャラリーの運営に関するブログです。


by 多加久

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
アトリエ プロフィール
レプタイル アート標本とは
制作記録
イベント・営業活動
出来事
生活
タブロー
ペット
つぶやき
未分類

リンク

検索

タグ

ファン

色々近況報告

多加久です。


ひさびさに色々近況報告をさせてもらいます。


まず、我が家のペット達から。


この時期といえば産卵シーズンなわけですが、うちは現在イシガメの1クラッチが孵化ボックスにあります。

今年の冬の寒さか、もしくは母体の栄養状態か6個中4個が発生停止したりしぼみ出したりで今年はちょっといつもと違う感じです。


他のカメ達の方は相変わらず元気いっぱいです。

d0357222_22372007.jpeg
d0357222_22470621.png
d0357222_22473986.png
d0357222_22454978.jpeg
d0357222_22414157.jpeg
d0357222_22463567.jpeg

インドシナウォータードラゴンは今年初産卵をしました。

オスはいないので無精卵でしたがどちらかで産卵するメスを探してる方が居ましたら声かけて頂きたいななんて考えてます。


ヘビ2匹も爆食と脱皮をいい感じに繰り返してます。

d0357222_22425405.jpeg
d0357222_22422204.jpeg

ベビーで来たアオダイショウはプラケでは狭くなったので早くそれなりのケージに移してやらないと世話もなかなか大変です。


そして夏前に計画していた引越しが諸事情でずれてお盆前になりました。


標本画のオーダーも沢山頂いてるので引越しするにもアトリエはギリギリまでバラす事はできないし、移転したらすぐに制作できる環境にセッティングしないといけませんからね。

無駄のない動きをイメージしないと。


基本的に僕の生活においての大切な環境は二つで、飼育部屋とアトリエ。


次に重要なのがキッチンとリビング。

健康的な食生活を送るためにキッチンの広さや使いやすさなどは重要でキッチンが狭かったり使いにくかったりすれば僕は何もやれなくなるタイプです。


リビングは癒しの空間で心をリラックスさせ穏やかに生きる為必要な場と考えています。

波動を高める、と言う意味です。


元々僕は環境適応能力が低いんです。

だから自分に合った環境を整えないとダメなんです。

年々その傾向は強くなってます。


そうそう、引越したらカメ達の半数以上を外で飼育します。

また、1匹に対しての水量もこれまでの倍くらいにしてカメにも飼育者にも良い環境を考えてます。


制作の方はオーダーを再開させていただいてます!


そして秋、10月神戸、11月浅草にてぶりくらとんぶりへの参加決まりました!


今年の夏〜秋も忙しくも楽しくなりそうです^_^




★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.10.07(sun)

ぶりくら市 出展


● 2018.11.11(sun)

とんぶり市 出展


●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。









# by art-rugosa | 2018-06-17 01:42 | つぶやき | Comments(0)

お礼と販売のお知らせ

多加久です。


昨日はBlack Out!にて当ブースにお立ち寄りくださいました皆様、ありがとうございました!

d0357222_08374108.jpeg

昨日会場にてずっと感じて居たことがありました。

それは、自分は絵描きではあるけれど活動の場は銀座や京橋、有楽町にある画廊やギャラリーではなく沢山の爬虫類、そして爬虫類ファンが集まる「ここ」なんだと。


僕が今居る「フィールド」を感じ感謝の気持ちで一杯でした。


そして会場でたくさんの爬虫類ファンの方々とお話ができとても楽しい時間を過ごさせてもらいました。


皆さまに感謝いたします!



今回の12枚は爬虫類に対しての僕なりのリスペクトを込めた作品です。


「レプタイル アート標本 クラシックデザイン」


●セマルハコガメ

d0357222_08305591.jpeg

セマルはもう何枚も描きましたが、今回のセマルは種の特徴を表現しつつ、かつ僕の好みの色合いに仕上げました。

ポイントは首付け根から頭部向けて染めたテキーラサンライズの様なオレンジのグラデーションです。




●オルナータDBT

d0357222_08302787.jpeg

フラワーバックです。このフラワーバックは「こんなフラワーが綺麗だ」と思う自分の感覚の中でのナンバーな表現を目指しました。

フラワーはいろんな咲き方がありますが個体によりその咲き方に個性があり面白いですよね。




●ハラガケガメ

d0357222_08295254.jpeg

ハラガケガメは金背景バージョンで何枚か描いたばかりですが、今回のハラガケはちょっとスリムで小型の上品なハラガケにしました。

ハラガケは放射柄がくっきり出ているのが好きなので自分が壁に飾りたいベストな標本画に仕上げました。




●ニホンイシガメ

d0357222_08312639.jpeg

これまで描いてきたイシガメは黄色の発色が強い「あでやかな和亀」のイメージを強く持ってきました。

今回のイシガメの制作ではちょっと地味渋にやってみようと言うことでこのカラーになりました。




●ホウシャガメ

d0357222_08315899.jpeg

こんな事を書くと語弊があるかもしれませんが、この亀の描き方には完全なマニュアルがあります。アートにマニュアル?とちょっと違和感がありますが、そのマニュアルを1から10まで淡々とこなすと成長輪がキラキラと光り輝き多角形に立体感を持つ甲板が平面上に浮き上がります。

ただ一つ、マニュアルと言いましたがその通りに描いても二つとして同じものはできません。今回の作品は自分として一番良い輝きになったと感じてます。




●フトアゴヒゲトカゲ

d0357222_08324348.jpeg

制作中になんども声を上げて興奮してしまいました(笑)奇跡的に上手くいったのかもしれません。

描き始める前に頭の中で工程をイメージしますがそのイメージが全てジャストで出てきた答えに興奮したのです。

このカラーは海外のブリーダーさんの所有するある個体の雰囲気を拝借しました。画面全体の雰囲気も好きです。





●アメリカドクトカゲ

d0357222_08334836.jpeg

アメドクはカラーが何色かいますが黒にピンクが一番サイケデリックで毒々しいと思いこのカラーにしました。

体表面の凸状のウロコは制作風景をツイッターにて動画で紹介しましたがペースト状の絵の具をポツポツと打ってテクスチャを作り上げています。




●オオヨロイトカゲ

d0357222_08331327.jpeg

オオヨロイトカゲは以前にオーダーを頂き制作しましたが、その制作過程が非常に軽快で気持ちよく、仕上がりも裏切らずまた制作したいと考えていました。

頭などほぼ黒ですが、表面にはしっかり鱗板の形状を表現してあります。

いつかサイドビューも描いたら絵になりそうですよね。




●カミンギーモニター

d0357222_08342305.jpeg

カミンギーは今回の新作発表で必ず描こうとまっさきにエントリーした種です。

しかも横顔を!と構図も決まってました。

そして鱗の形成との戦いあるのみ、と言うことですべてのウロコを一つ一つモデリングしました。

モニターは名前の由来からも感じるのですが、野生の中での警戒心、生き抜く為自分の周辺を注意深くリサーチするその「目」、この辺も描きたかったのです。




●ノドグロイワオオトカゲ

d0357222_08350067.jpeg

アフリカンロックモニターのノドグロといわれる亜種です。実はこれ最初は全身を描こうと意気込んでいましたが、サイズを出してキャンバスを選ぶと展示ブースをこの一枚が半分くらい占領する形になるため断念し部分像(三分の一)にしました。

吻端、目周辺、背部、胴側面、四肢と箇所によりウロコの形状が異り、それらをできる限り表現しました。これも奇跡的かもしれませんが非常に成功し、自分の部屋に飾りたい一枚になりました。




●コクシーベニナメラ

d0357222_08360230.jpeg

BOの会場であるお客様からこの絵の価格を聞かれ「本物が買えちゃう値段だね」と言われました。

絵の価格設定は時給計算をしている部分もありますが、頭の先から尾先まで一枚一枚ウロコをモデリングしてありますし、ヘビのウロコは幾何学的でこの美しい並びを描ける様になるまで一年かかりました。

d0357222_08363279.jpeg

ヘビの絵でもあまり見たことがない様なインパクトのあるものを作りたいので非効率だと同業者の方に言われても気にせずやりますし、この絵の価格は決して高くはないと思います。




●カリフォルニアキングスネーク

d0357222_08365232.jpeg

本種を飼育してるので世話のたびにカリキンの手触りは日々感じています。顔の雰囲気も。

d0357222_08372178.jpeg

ヘビの制作は柔軟な構図が選択できるのですが今回文字が入るためヘビの曲線表現と文字の直接的な表現を画面上で構成するととてもスタイリッシュでデザイン的な感じになります。

絵としてというよりはインテリアとしての価値観が強いのかなと感じてます。



以上、長々とコメントさせていただきましたが、この12枚、レプタイルアート標本 ショップギャラリーでの販売準備ができました。

画像もこのブログの何十倍も鮮明なので

ご興味のある方、是非こちらの方へもお立ち寄り下さい。


また、オーダー制作の方も受付再開させて頂きます。

ヘビ、トカゲ、カメ、ヤモリ、両生類や有尾類などご興味の標本画を制作させて頂きます。





★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.10.07(sun)

ぶりくら市


● 2018.11.11(sun)

とんぶり市


●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。









# by art-rugosa | 2018-06-11 08:45 | イベント・営業活動 | Comments(0)

日曜は浅草へ 是非!

多加久です。


いよいよBack Out!が今月10日となりました。

d0357222_10583371.jpeg

当方アトリエ アートルゴッサはブース内にて新作「レプタイル アート標本 クラシックデザイン」の発表展示をさせて頂きます。

d0357222_10580000.jpeg


2013年から始めたレプタイル アート標本も5年目を迎える事ができました。

その5年間の活動の中で得た技術、表現、観察を総合した展示になります。


以下が展示作品のリストになります。


フトアゴヒゲトカゲ

カミンギーモニター

アフリカンロックモニター

アメリカドクトカゲ

オオヨロイトカゲ

カリフォルニアキングスネーク

コクシーベニナメラ

ハラガケガメ

ニホンイシガメ

オルナータDBT

セマルハコガメ

ホウシャガメ


以上、油彩画で12点となります。


尚上記作品は当日は展示のみとなりますがBO開催後日(6/11) ショップギャラリーにアップ致します。

(サイズ、画像、価格、購入予約等ございましたらお問い合わせください。)


標本画の画像をここで載せたかったのですがまだ額装が完了してない作品もあり写真撮影が間に合わなかった為、当日BOが開場しましたらツイッターにてリアルタイムに展示作品の画像を投稿致します。


今回の全ての作品が最高の出来栄えになったと感じています。


6/10は是非是非浅草へお越しください!


★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。



# by art-rugosa | 2018-06-05 11:06 | イベント・営業活動 | Comments(0)

出展作品 制作中 近況

多加久です。


久々に色々近況報告です。


数日前までは冬並みに寒かったりしてましたが今週は暖かいというか暑いくらいの日が続くみたいですね。


外のカメ達は徐々に活動的になり、水も汚し始め冬場は撤去していた濾過器も先日設置しました。


レッドベリーやイシガメ達は葉野菜や緑の鯉のエサから与えています。

しばらくしてからレプトミンやカメプロス、肉類を与えます。


室内のカメ達も食欲旺盛で、みんな元気にしています。

抱卵しているカメも数頭いて暴れたり脱走したりで賑やかです。


大型のカメはスペースをとる、と言いますが最近はその意味がよくわかります。

甲長30センチのカメには120センチのケージを用意してあげればそれでokではなくメスならその個体が産卵できる十分なスペースを確保してあげなければなりませんからね。

甲羅干しの陸場だって必要だし、水換えでカメをちょっと外に出しておくにも、外で日光浴させるにもそれ用の大きなケージが必要なわけです。


うちにはその甲長30㎝付近に達するポテンシャルが少なくとも4頭くらいいます。


積極的に飼育する側のモチベーションをアップする必要がありますよね。



さて、6/10浅草Black Out! 出展作品の制作は順調に進んでいて今日辺りが折り返し地点。

明日からダーっと仕上げにかかります。

オーダー頂いている分も描いていますが、

この出展作品の制作はアナーキーな自由課題の様なものであり、これらと依頼を受けたものを並行してやるのが難しくなり、オーダーの方は少々手を止めさせて頂いております。


出展作品はカメ6点、トカゲ6点、ヘビ2点を制作中です。

d0357222_10363824.jpeg

とても順調にいってますよ!

全てマグレなんじゃないかと思うほど(笑)


何はともあれ、これまでのアート標本とは一新したビジュアルで発表させていただきます!


私たちの生活に喜びをもたらしてくれる爬虫類達に敬意を込めて、あと1ヶ月全身全霊頑張ります。


★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。


●レプタイル アート標本 ショップギャラリー






★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。

http://www.reptile-art-rugosa.com



# by art-rugosa | 2018-05-14 10:40 | 制作記録 | Comments(0)

再販のお知らせ

多加久です。


こちらは一度sold outになった商品ですがお客様のご都合によりキャンセルになりました。

d0357222_13445226.jpeg

d0357222_13463994.jpeg



ショップギャラリーにて再販させて頂きます。



★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。


レプタイル アート標本 ショップギャラリー






★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。

http://www.reptile-art-rugosa.com



# by art-rugosa | 2018-05-11 13:52 | イベント・営業活動 | Comments(0)

オーダー制作 完成報告

多加久です。


2018年も駆け抜けるように時が流れいつしかもう5月に入りました。


頭の中は既に秋のぶりくら、とんぶり市の事を考えています。


そして体は来月のBOにての新デザインの制作にフル回転中で、毎日ガンガンやってます。


以前は一週間かかった仕事が今では2日半で完了させる事が出来るくらいに成長しました。

と言うかこれは気持ちの問題で、ゴールが明確に見えているとその過程はあまり考えなくて済むので快速列車の様に疾走できます。


日々やること「to doリスト」を明日の自分に指示して、今をto doしています。


あと1ヶ月、頑張ります。



それでは最近完成しましたオーダー制作の報告です。


こちらはS様ご依頼のインドホシガメのベビーの肖像です。

d0357222_03340581.jpeg

依頼人様のお話ではベビーと言える時期はとっくに過ぎたのだけどなかなか大きくなれない子のようで、制作中はこの子の健やかな成長を祈りながら描きました。

d0357222_03354514.jpeg

リクガメのベビーは独特な可愛さがありますよね。

まん丸な甲羅。ぷっくらとした手足。動きもゼンマイ仕掛けの様にコミカルです。


うちにはリクガメは1匹も居ませんがいつかは飼育してみたいです。





そしてこちらはL様オーダーのアオウミガメです。

d0357222_03360358.jpeg

沖縄県の慶良間諸島の中にる阿嘉島という島のビーチに住んでいる「日出美」と呼ばれる個体の肖像になります。


大きさはこの通りです。

d0357222_03381050.jpeg

今回の背景には海の底に揺らめく青い水紋様をイメージしました。


ウミガメってまさに天使ですよね。


依頼人様はこの日出美に会いに10年以上も毎年阿嘉島に行かれていると聞きました。


きっと深い絆で結ばれているのだと思います。


以上、完成報告でした。




★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。


レプタイル アート標本 ショップギャラリー






★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。

http://www.reptile-art-rugosa.com



# by art-rugosa | 2018-05-09 03:41 | 制作記録 | Comments(0)

金の標本画

多加久です。


今日は金(gold)にまつわるお話をさせていただきます。

金色は邪気を払い幸運を呼び寄せる色とされ、

昔からおめでたい場で金を施した物が多く使われてきました。

金屏風とかもその一つですよね。


金屏風は結婚式の新郎新婦の背景として置かれて、二人の未来が金の様に光り輝くものであるようにとの願いが込められていると言います。


黄金の輝きはなんとも言えない優美で神聖なオーラを感じます。


実はもうずっと前から金背景の標本画を描いてみたいとウズウズしていました。


時間はかかってもいいから空き時間にコツコツやろうという事で昨年末から始め、この度それらが完成しました。


d0357222_11171575.jpeg


ニホンイシガメを2枚、ハラガケガメ3枚、計5制作しました。(イシガメ甲長14.5㎝、ハラガケ甲長13㎝で描写)

d0357222_11174208.jpeg
d0357222_11180545.jpeg
d0357222_11182521.jpeg
d0357222_11184270.jpeg
d0357222_11185978.jpeg


イメージしたとおりに仕上がりました。

揺ら揺らとキラキラとエキゾチックな輝きとオーラを放っています。


背景の金は油絵の具によるものです。

(金箔ではありません。)

ホルベインという日本国内の老舗メーカーが出している「ゴールド H190」という金色を使用しました。

フレームの色は黒です。


これら5枚をショップギャラリーにて販売させて頂きます。


レプタイル アート標本 ショップギャラリー


宜しければご覧ください。






★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。


レプタイル アート標本 ショップギャラリー

http://www.reptile-art-rugosa.com





★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。

http://www.reptile-art-rugosa.com



# by art-rugosa | 2018-05-01 11:22 | イベント・営業活動 | Comments(0)

4点 完成しています!

多加久です。


現在6/10BO出品作品の制作をメインに活動していますがオーダー制作も少数ですが並行して描いています。


完成品の報告です。


オルナータDBTのブラックバックのイエローブロッチです。

d0357222_07523774.jpeg


同じくオルナータDBTでフラワーバックです。

d0357222_07522721.jpeg



こちらはテキサスDBTの幼体です。

d0357222_07524684.jpeg


この三点は中国からのご依頼でした。




そしてこちらはマツカサトカゲです。

d0357222_07521217.jpeg

この前に描いたのはヒガシでしたが今回はニシマツカサトカゲです。


以上完成報告でした。






★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★


● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。


●レプタイル アート標本 ショップギャラリー

http://www.reptile-art-rugosa.com







# by art-rugosa | 2018-04-16 07:55 | 制作記録 | Comments(0)

近況報告

多加久です。


更新はちょっと久々な感じですね。

年明けから突っ走って来ていつのまにか春になりました。

本当に速いです。時の流れが。

でもかなり中身は濃く、上手く時間を使えています。


制作は6/10のBlack Outに出品する作品をメインに数点のオーダー品と並行して描いています。


Black Outの作品は、カメ6点、トカゲ5点、ヘビ3点 で計14点を予定しています。

今までの標本画とはデザインが大きく違うもので、数年前からやりたいと考えていたデザインです。

ですが、特に奇抜な部分はなく、古い博物画の要素を自分なりに再構成したもので、特にこだわった点は「全て同じビジュアルに統一する」と言う部分です。

ポリシーでもありますが、スタイルを統一したアンソロジーが放つエネルギーを感じて欲しいと思っています。


5月下旬くらいまではかなり入り込んでやるつもりでいます。

ですからブログや他SNSなどの更新はちょっと少なめになると思いますがご承知おきください。


飼育部屋の近況ですが、気温が上がりだしてからみんな凄い食欲です。

特に曲げ首軍団は激しいです。


冬場は栄養価の高い配合を適量与える様にしているのですが、食欲が上がって来たら低カロリーな餌にチェンジします。

カメによっては拒否するのもいるのでちょっと断食させてる子もいます。


キタクロコブが先日産卵しました。

無精卵でした。

アカミミガメも水中で産卵してました。

うちの子たちは時期外れに産む子が結構いますね。


あと、私ごとですが、最近四十肩になってしまいました(笑)


Black Outが終わり引っ越しをしてからはちょっとゆっくりやりたいですね。

身体のメンテナンスも含めて今年の後半は心身のリカバリーに時間使いたいです。







★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。


●レプタイル アート標本 ショップギャラリー

http://www.reptile-art-rugosa.com





# by art-rugosa | 2018-04-07 12:49 | ペット | Comments(0)

色々 完成してます。

多加久です。


4点、完成していますので報告いたします。


まずはカメでオルナータDBTフラワーバックです。

フラワーバックはもう何点も描きましたが、常に色々模索しています。

d0357222_13150221.jpeg

いつも一面に広がるひまわり畑をイメージしながら描いています。

心が震え立つようなフラワーバックをいつか描いてみたいです。





こちらはクレスです。

d0357222_13160787.jpeg

クレスでもかなりハイカラなクレスですよね。

初めてのサイドビューです。

色々課題はありますが、今のスキルで100%出し切りました。




次はソバージュネコメガエルです。

d0357222_13153572.jpeg

とても思い通りに仕上がりました。全体的な雰囲気とかその雰囲気から感じる匂いとか…。(ドーランの様なレトロな甘いふわっとした)

このカエルを初めて知った時に受けたノスタルジーをコッソリ表現しました。




そして、ヘビです。

グリーンツリーパイソン アルーです。

d0357222_13165718.jpeg

こちらはオーダー頂いてからとにかく時間がかかりました。

ヘビはまだまだ先の予定でしたが昨年夏から勉強を初めて試作を描いていました。


ヘビを描くときは大抵ウロコの描写は省略したりぼかしたり、線をクロスさせて表現したり、なのだと思いますが、ヘビの描写はウロコが要だと感じました。

時間や効率とか考えると確かに賛否両論ありそうですが、油絵の具でウロコを一枚一枚「打っていく」スタイルを選びました。


ウロコを打つのに16時間。

仕上げの着色は正味40分。

全体の96%がモデリングという事です。


仕上げてみて、課題は色々あります。

次作のヘビの為に新手の道具をいくつか揃えました。


次が楽しみです。





★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。







# by art-rugosa | 2018-03-25 13:21 | 制作記録 | Comments(0)