☆アトリエ アート ルゴッサ 多加久による爬虫類標本画の制作 活動 出来事の記録とレプタイル アート標本ショップギャラリーの運営に関するブログです。


by 多加久

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
アトリエ プロフィール
レプタイル アート標本とは
ご注文と価格
制作記録
イベント・営業活動
出来事
生活
タブロー
ペット
つぶやき
未分類

リンク

検索

タグ

ファン

色々 完成してます。

多加久です。


4点、完成していますので報告いたします。


まずはカメでオルナータDBTフラワーバックです。

フラワーバックはもう何点も描きましたが、常に色々模索しています。

d0357222_13150221.jpeg

いつも一面に広がるひまわり畑をイメージしながら描いています。

心が震え立つようなフラワーバックをいつか描いてみたいです。





こちらはクレスです。

d0357222_13160787.jpeg

クレスでもかなりハイカラなクレスですよね。

初めてのサイドビューです。

色々課題はありますが、今のスキルで100%出し切りました。




次はソバージュネコメガエルです。

d0357222_13153572.jpeg

とても思い通りに仕上がりました。全体的な雰囲気とかその雰囲気から感じる匂いとか…。(ドーランの様なレトロな甘いふわっとした)

このカエルを初めて知った時に受けたノスタルジーをコッソリ表現しました。




そして、ヘビです。

グリーンツリーパイソン アルーです。

d0357222_13165718.jpeg

こちらはオーダー頂いてからとにかく時間がかかりました。

ヘビはまだまだ先の予定でしたが昨年夏から勉強を初めて試作を描いていました。


ヘビを描くときは大抵ウロコの描写は省略したりぼかしたり、線をクロスさせて表現したり、なのだと思いますが、ヘビの描写はウロコが要だと感じました。

時間や効率とか考えると確かに賛否両論ありそうですが、油絵の具でウロコを一枚一枚「打っていく」スタイルを選びました。


ウロコを打つのに16時間。

仕上げの着色は正味40分。

全体の96%がモデリングという事です。


仕上げてみて、課題は色々あります。

次作のヘビの為に新手の道具をいくつか揃えました。


次が楽しみです。





★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。







by art-rugosa | 2018-03-25 13:21 | 制作記録 | Comments(0)