☆アトリエ アート ルゴッサ 多加久による爬虫類標本画の制作 活動 出来事の記録とレプタイル アート標本ショップギャラリーの運営に関するブログです。


by 多加久

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
アトリエ プロフィール
レプタイル アート標本とは
ご注文と価格
制作記録
イベント・営業活動
出来事
生活
タブロー
ペット
つぶやき
未分類

リンク

検索

タグ

ファン

過去作品 再販いたします


先日アトリエの奥にあったダンボールから過去の作品が何枚か出てきました。

もちろんカメの標本画ですが2015〜16年に制作したものでした。


元々はショップギャラリーにアップしていたものでしたが何かしらの経緯でお蔵入りしていたものです。


お蔵入りとは言っても一度はギャラリーに上がっていたものなのでそれなりのクオリティーはあります。


そこで今回再度ショップギャラリーにアップして販売いたします。


ただ、2、3年前の作品ですので表現や手法、技術面などは今現在とは異なる部分がありますのでご了承頂きたく思います。

価格はそれなりの評価でつけさせて頂きました。



今でもそうなのですが、標本画を始めた当時から絵の雰囲気、作風の基本的なコンセプトに「感情移入をしない精神的にフラットで静的な表現」と言うものがあります。


以下コメントを付けて一枚一枚紹介させて頂きますが当時は今よりもそのコンセプトが強く出てる感じがあります。




⚪︎中国セマルハコガメ 2015年制作

d0357222_13064139.jpeg

セマルはもう何枚も描きましたがこれは初めて描いたセマルです。




⚪︎ジャノメイシガメ 2016年制作

d0357222_13072168.jpeg

ジャノメは過去に3枚描いてそのうちの一枚が残っていました。

とにかくジャノメのオスの頭や前脚のホラーチックな部分にこだわって描いたのを覚えています。



⚪︎ジーベンロックナガクビガメ 2015年制作

d0357222_13080497.jpeg
d0357222_13083606.jpeg

甲羅が細身でオーストラリアンルゴッサっぽいですが、ニューギニアのジーベンを描いたものです。今見ると概念的な表現に感じる箇所がありますが、上記のコンセプトが強く出すぎてるのかもしれません。

色違いでグリーンとブラウンの2枚です。



⚪︎モリイシガメ 2015年制作

d0357222_13101411.jpeg

何枚か描きましたがその中でも黒く描いたモリイシです。縁甲板の尖った感じをややデフォルメして描いたのを覚えています。



⚪︎トウブニシキガメ 2016年制作

d0357222_13091040.jpeg
d0357222_13094289.jpeg

この2枚はかなり遊んでいます。黒い方の背甲には金色を使っています。この種の色やデザインを強調して描いたという印象が強いです。



⚪︎ギボンズチズガメ 2016年制作

d0357222_13105092.jpeg

なぜギボンズを描いたのか思い出せませんが、ネットなどで激しく巨頭化した個体の写真をみたのでしょう。ゲテモノ感満載のとても面白い標本画だと思います。頭のブルーな色彩はかなり狙って描いています。




⚪︎東ヘルマン 2017年制作

d0357222_13034524.jpeg

こちらは最近の作品です。現在の価格設定での販売とさせて頂きます。



以上になります。


こうして自分自身で過去の作品について色々想ったり考えたりするのはとても面白いです。


忘れかけていた部分もありました。


今後、これらの標本画の価値が上がるような活動をしていきたいです。



ご興味をお持ちいただけましたらショップギャラリーの方にお越しください。


レプタイル アート標本 ショップギャラリー



★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

● 2018.6.10(sun) Black Out! 出展

東京都立 産業貿易センター・台東館 7F


●現在オーダー制作を一時ストップさせて頂いております。オーダー再開は6/1からとなります。





by art-rugosa | 2018-03-20 13:17 | イベント・営業活動 | Comments(0)