☆アトリエ アート ルゴッサ 多加久による爬虫類標本画の制作 活動 出来事の記録とレプタイル アート標本ショップギャラリーの運営に関するブログです。


by 多加久

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
アトリエ プロフィール
レプタイル アート標本とは
制作記録
イベント・営業活動
出来事
生活
タブロー
ペット
つぶやき
未分類

リンク

検索

タグ

ファン

タグ:爬虫類 ( 47 ) タグの人気記事

世界のどこかに

多加久です。

僕の周りではインフルエンザが猛威をふるっています。
6人も発症した環境の中、僕は今のところまだ大丈夫みたいです。

レプトミン食べて免疫力アップします(笑)

先日、中国のあるドロガメブリーダーの方から、アルビノジャイアントマスクタートルとヒラタニオイガメの標本画オーダーをいただきました。

アルビノのジャイマスと言うと、以前ワニガメ生態研究所さんのブログで写真を拝見した事がありました。

そのジャイマス、今回標本画のオーダーをくれた方の友人が所有しているらしいです。

僕はてっきりその個体を描けば良いのだと捉えたのですが、今回はその個体ではなく、頭に虫食い柄が出た不特定のアルビノを描いてほしいとうことです。

現在世界的に確認されている唯一のアルビノの頭部はスポットレスだったと思います。

ならばあとはイマジネーションの世界と言うことになるのでしょうか。

ジャイマスやサルビン、ハラガケの頭部の虫食い柄の黒色はアルビノの場合どんな風に現れるのでしょうか。

オレンジ?ピンク?パープル?何色でも無い?
d0357222_13381419.jpg
世界のどこかに人知れず飼われているアルビノジャイアントマスクタートルがいるなら、それはどんな雰囲気なんだろうとか妄想しています。


☆カメの標本画ショップギャラリー ☆
img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-04-12 13:40 | 制作記録 | Comments(0)

標本であり肖像でもある

多加久です。

先日から制作過程を記録していますが、中国からのオーダーのテキサスとマングローブダイヤモンドバックテラピンの標本画が完成しました。

参考までに紹介させてください。


この子はこの4/2のブログに書きましたが、先月末に老衰で死んだマングローブです。
d0357222_14021491.jpg
背甲の第3,4椎甲板にある白い部分は生態調査などで使われる位置確認の送信機を取り付けられていた痕の様です。
このカメが生きたドラマを感じます。



こちらのマングローブも同じケージで飼育されている個体でとても綺麗です。
d0357222_14063756.jpg
マングローブの四肢や頭部は神秘的な雰囲気があります。



これはテキサスダイヤモンドバックテラピンです。
d0357222_14060441.jpg
この柄の描写、全然誇張していません。
そのまま描きましたが非常に綺麗な柄です。


今回は特定の個体を描いたので標本画であり同時に肖像画でもあります。
これらは飼育者さんのそのカメへの愛情やリスペクトの形の1つでもありますから、そのお手伝いが出来て嬉しく思います。

☆カメの標本画ショップギャラリー ☆
img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-04-09 14:11 | 制作記録 | Comments(0)

Let It Be

多加久です。

暖かくなりましたね。
このくらいの気温になると油絵の具の乾燥も速くなり制作がサクサクいきます。

現在はオーダーを15枚くらい進行中です。

写真は中国からの依頼で制作中のテキサスダイヤモンドバックテラピンの標本画です。
d0357222_02393341.png
特定の個体を描いているので標本画と言うより肖像画になりますが、
かなり色抜けして柄が明瞭に浮き上がった美個体です。

まず柄を描き、
全体的にダークな透明色で汚した後、
綿棒で明るい部分を抜いています。

実物の個体の「色抜け」具合を実際に色を抜いて表現します。

カメを描きだしてから筆を加えるだけでなく減らす事も学びました。

甲や皮膚の組織の伸びる方向や速度により形成されたその表情を見ているとどんなプロセスでどう造形するかを導いてくれます。
いつも「Let It Be」だよ、と内なる声が聞こえるのです。


☆カメの標本画ショップギャラリー ☆

img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-04-06 02:40 | 制作記録 | Comments(0)

あるマングローブDBTの話

多加久です。

1月中旬、Instagramを観た中国の方が標本画のオーダーをくれました。

オーダーはご自身が飼育しているテキサスDBTとマングローブDBTでした。

マングローブの方の甲にはGPSの様なものを取り付けられた接着剤のなごりがありました。

この跡は描きますか?と質問すると、

「もちろん!」
との事でこのマングローブの全てを愛しているのだと感じました。

色々立て込んでいたので制作を始めたのがつい先日でした。
それと同時くらいに先方より、

「今日マングローブが死んだ」

と連絡がありました。

話を聞くと、マングローブはかなりの老成個体ですでに死期が迫っていたのだが、余りにも美しかったので迎え入れたのだという事でした。

すでに魂が飛び立った後の抜け殻となったマングローブの写真を何枚も貰いました。

改めて見て非常に美しい個体でした。

「この子の全てのディティールをあなたに託します」

と言って頂けました。
d0357222_14224790.jpg
とても嬉しいことです。
がんばります。



☆カメの標本画ショップギャラリー ☆

img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-04-02 14:24 | 出来事 | Comments(0)

ギャラリー アップしました。

多加久です。

標本画の在庫を整理しました。

イベント用に制作した標本画と加筆修正したものを5枚ギャラリーの方に上げました。

赤の強いクサガメ
d0357222_14231876.jpg

ミツユビハコガメ イエロータイプです。
d0357222_14264368.jpg

オルナータDBT
ブラックバックのイエローブロッヂでピンクヘッドです。
d0357222_14235976.jpg


カロリナDBTコンセントリックは一部加筆しました。
d0357222_14282503.jpg


ノコヘリカブトガメも加筆しました。
d0357222_14272473.jpg

そしてこれは売約済みですが、かなり綺麗な出来栄えのフラワーバックなので参考までに載せておきます。
d0357222_14290519.jpg

4月と5月は注文頂いた分の制作と、ギャラリーへのストックも制作していきます。




☆カメの標本画ショップギャラリー ☆
img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-03-30 14:31 | イベント・営業活動 | Comments(0)

とても楽しかったです!

多加久です。

BLACK OUT ! ただいま終了しました。

ご来場頂いた皆様、当ブースにお立ち寄り頂いた皆様、お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました!
d0357222_18184750.jpg

初のイベント出展と言うことで緊張していましたがショップの皆様にもお声かけ頂きとてもリラックスできました。感謝いたします。

また、制作のリクエストも多く頂きました。
なんとアルダが来ました! がんばります!
d0357222_18161265.jpg
そして今までブログやツイッターなどで仲良くさせて頂いた皆さんにも実際お会いすることができ嬉しかったです。
d0357222_18162613.jpg
また、あるショップの方からカメの見分け方に関する貴重なお話も頂き非常に勉強になりました。

あるお客様から
「本物のカメの甲羅が貼り付けてあるの?」と言われたのですが、カメの質感描写にこだわる僕には最高に嬉しい言葉でした^_^

今後も精力的に制作し、イベントもでていこうと思います。

本日はありがとうございました!

BLACK OUT主催者様、スタッフの皆様、そしてイベントに関わる全ての皆様に感謝いたします。


☆カメの標本画ショップギャラリー ☆

img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-03-26 18:21 | イベント・営業活動 | Comments(6)

いよいよです!

多加久です。

東京 築地のそばに「多加久(たかぐ)」という割烹料亭があるようですね。

質問があったのですが僕の名前は「たかひさ」と読みます。

宜しくお願いします^_^


さて、いよいよ「BLACK OUT!」明日です。
d0357222_08350802.jpg
お時間ありましたら是非ともお越しください。

販売する標本画のリストです。

ニホンイシガメ
キボシイシガメ
ジャノメイシガメ
モリイシガメ
ミューレンバーグイシガメ
クサガメ
ハラガケガメ
ジャイアントマスクタートル
オルナータDBT(ブラックバック&フラワーバック)
カロリナDBTコンセントリック
アダンソンハコヨコクビガメ
トゥルカナハコヨコクビガメ
ギボンズチズガメ
トウブニシキガメ
フロリダアカハラガメ
ノコヘリカブトガメ
ミツユビハコガメ
フロリダハコガメ
トウブハコガメ
中国セマルハコガメ
オーストラリアナガクビガメ
ニシヘルマンリクガメ
(一部展示のみの作品もあります。)

22種 43枚を展示・販売いたします。

では明日!
頑張ってきます!



☆カメの標本画ショップギャラリー ☆
img_20160403-131500.jpg

by art-rugosa | 2017-03-25 08:36 | イベント・営業活動 | Comments(0)