☆アトリエ アート ルゴッサ 多加久による爬虫類標本画の制作 活動 出来事の記録とレプタイル アート標本ショップギャラリーの運営に関するブログです。


by 多加久

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
アトリエ プロフィール
レプタイル アート標本とは
制作記録
イベント・営業活動
出来事
生活
タブロー
ペット
つぶやき
未分類

リンク

検索

タグ

ファン

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ちょっと遅れてスタートダッシュ

多加久です。


月のこのくらいの時期には新規オーダーをガンガン制作中なのですが年始より色々ありやっと走り出した状態です。


前回書いたスランプからもようやく解放されつつあります。


スランプは、、、数年ぶりです。

ミツユビハコガメが全然描けない!

っていう時期がありました。


何はともあれ、可愛い家族の為に頑張りますよ!

d0357222_12023834.jpeg
d0357222_12024796.jpeg

この子らのこの目で見つめられると絶対ぜーったい挫けられないんだと思うのです。


やりますよ!



★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。




by art-rugosa | 2018-02-19 12:05 | つぶやき | Comments(0)

過渡期

多加久です。


ただ今スランプのトンネルの中にいます。


一週間くらい時が止まったように、目に見えたものは何も進んでいません。


原因は分かっているのですけどね。


ヘビです。


ただ、こんな気持ちをここにこうして書いたのは、前方に光が見えトンネルの出口まであと少しと分かったから。


ヘビを目の前に学術的な部分に対してあまりにも挑戦的になりすぎていて、これはアート(表現)なのだと言う事をすっかり忘れていました。


でもヘビのウロコの表現に対するアプローチと基本的な解釈は完全に掴めました。


ウロコはこう見て、こう描けば、自然とこうなる、というのを。


ヘビのマニアの方ならきっと無意識に分かってる事だと思います。


あとは手先の技術と気力があれば完成します。


ヘビがスラスラ描ける様になれば他の爬虫類、いえ、毛の無い動物ならなんでも描ける気がします。

もちろん既に描けるカメやトカゲのクオリティも更に上がると思います。


今自分は素晴らしい過渡期の中にいるのだと思っています。


あと少し!



★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。




by art-rugosa | 2018-02-13 02:31 | つぶやき | Comments(0)

完成品4点

多加久です。


年末年始に色々あり今年はスタートが少々出遅れ未だに通常運転まで追いつけてない状況です。


ご依頼者各位へ完成の報告が遅れています事をこの場にてお詫び申し上げます。


今年に入って完成した作品は以下となります。


K様オーダー モンキヨコクビガメ

d0357222_07350172.jpeg

このカメ、四肢のウロコの配置が独特です。




S様オーダーのニホンイシガメ

d0357222_07351709.jpeg

ハイイエローの個体をイメージしました。





B様オーダーのハナガメ ベビー

d0357222_07353131.jpeg

手のひらサイズの標本画。

このミニチュア感はなかなかいい感じです。

幼体シリーズをズラリと並べるなんて面白いかもしれませんね。




こちらはイランよりG様オーダーのメソポタミアハナスッポンです。

d0357222_07354954.jpeg

ご依頼者様はイランのサナンダジュという都市にある大学で自然や生物を研究する学者の方でした。




以上4点が完成しました。




今年の寒さには耐えきれず飼育部屋以外でも暖房をガンガン使っています。


電気使用料の請求額が…とんでもない数字を叩き出しています。


★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。

http://www.reptile-art-rugosa.com



by art-rugosa | 2018-02-09 07:40 | 制作記録 | Comments(0)

新規オーダー開始とお知らせ

多加久です。


以下、新規オーダーを始めさせて頂きます。


オオヨロイトカゲ (F様)

デプレッサイワトカゲ コーラル (F様)

アルマジロヨロイトカゲ (H様)

カロリナDBT (H様)

メキシコクジャクガメ (S様)

レオパードゲッコー ラプター (O様)


最近はカメだけでなくトカゲやヤモリ、両生類も制作しているのでアトリエの制作棚の景色が変わりました。

d0357222_12511485.jpeg

徐々に"レプタイル" アート標本と言えるようになってきました。



あとはヘビですけど…、

ヘビは現在猛特訓中です。

このヘビだけはなにか他の爬虫類とは違いますね。

非常に繊細でミステリアスです。

今一番悩んでいるのがどこからどこまでが首で、どこまでが胴で、どこからが尻尾か?です(笑)


ただ長いだけじゃないですよね。

内臓の位置まで把握する必要があります。

ヘビにマウスを与えて飲み込んでからマウスが止まる位置とか観察しながら楽しんでます。

これはもう解剖学ですね。



3月くらいから6/10 Black Outにて展示する「レプタイル アート標本 クラシックデザイン」の制作を始めていきたいと思います。


もちろんオーダー制作も随時承ります。


宜しくお願いします。


★★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★

●標本画のオーダー制作に関するお問い合わせはcorobopic610@softbank.ne.jpまたはレプタイル アート標本 ショップギャラリーよりお問い合わせください。




by art-rugosa | 2018-02-02 12:53 | 制作記録 | Comments(0)